メンテナンスのポイント

 

グラブは大切な宝物。

こまめに手入れをしよう!

 

グラブをグラウンドに置くときは、グラブの親指部と小指部を下に向けて置くようにしましょう。

  または、指先を地面につけ逆さ置きに。甲の方を下にすると地面の水分を吸ってグラブが重くなり、

  革を傷めてしまう原因に。

使ったあとはグラブについた汚れを柔らかい布などで、きれいに落として全体にオイルをうすく塗り、

  最後に乾いた布で乾拭きをしましょう。塗りすぎるとグラブが重くなったり、型くずれを起こし、かえって

  寿命を縮めてしまう原因に。オイルを塗るときは型くずれを防ぐために、グラブを手に入れて塗るよう

  にしたらいいですよ。

雨の日などでグラブが濡れてしまったときは、乾いたやわらかい布で拭きとり、日陰で風通しの良い

  ところで乾かし、乾き具合を見ながらオイルを塗るようにしましょう。

  グラブを乾かすときに、新聞紙をまるめて手口にいれると水分が早くぬけやすいのでおすすめです。

グラブを使わないときは、カバンやグラブ袋にいれっぱなしではなく、風通しの良いところに置くように

  しましょう。

 

▲このページのトップに戻る